CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 異常。以上。 | main | 酷暑な夏の酷な現実 >>
寄る年波には。。。
大阪営業所の水谷です。


こう見えて?
って、どう見えてかわかりませんが、
今年で41歳、
来年は本厄になりますε-(;ーωーA フゥ…


さて、
10日ほど前のことなりますが、
年齢的に衰えたなあと感じることがありました。


それは、ずばり『体力』です(*´-ω-`)・・・フゥ


その週は、
月曜日から喉の調子が悪く、
過去の経験から、
扁桃腺が腫れそうな雰囲気がありました。


ただ、金曜日まで特に体調を崩すことはなく、
ずっと違和感だけがあり、
疲れが溜まっているのかなあと、
本調子ではない体調にくすぶっておりました
(ー'`ー;)ムムッ


その金曜日も、
朝は普通に自転車で出勤出来るほどで、
お昼ぐらいまでは通常通り業務もこなしておりました。


ところが、
昼ごろになって、
立っているのもやっとなほど、
熱が上がってきている感覚に襲われたのです_ノ乙(、ン、)_


キリの良いところまで仕事を片付け、
早退しようかとも考えたのですが、
この日は劇的に暇な週末であったため、
預かっている直車さんにまだ荷が付いておりません。。。


それも残り1台です。


この車に荷を付けるべく、
昼からも必死のパッチで情報収集し、
なんとか15時ごろに荷を見つけ、
ようやく帰れるところまで漕ぎつけました
ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪


ただ、既にフラフラ状態(; ・`д・´)


それでも自転車だから大丈夫だろうと軽く考え、
いざ、自宅へ!タタタッε=ε=(((((((( *・`ω・)っ


ところが、
その考えは非常に甘いものでした。


途中までは順調だったのですが、
5月にして真夏日のこの日、
残り3分の1ほどの距離まで来た頃には、
公園のベンチでしばらく寝ようか』とか、
コンビニに駆け込んでタクシーを呼んでもらおうか』とか、
泣きたくなるくらい辛い状況となっておりました
(*´;ェ;`*)
 

なんとか踏ん張って家に辿り着いたのですが、
家に入るなりベッドに倒れ込み、
携帯電話の着信音が鳴るまでの数分間、
気を失っておりましたヽ( ´ー`)ノフッ


後で奥さんが帰宅し、
その時初めて熱を測ったのですが、
体感的にかなり楽になったと感じた時点で、
38度後半も熱があったので、
帰宅時はもっと高かったと思います。


今までもインフルエンザなど高熱になることはありましたが、
気を失うほどの状況となったのはこの日が初めてで、
寄る年波には勝てないなあと、
自分自身で体力の衰えを自覚した次第です。


最後に、
ウイルス性の腸炎などが流行っているそうなので、
皆様も体調管理にはお気を付け下さい<(_ _*)>